【宇都宮爆発事件】 元自衛官の栗原敏勝容疑者の訴えたかったこととは?【テロ】

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

宇都宮公園爆発

10月23日11時半頃、宇都宮市で突如起きた爆発事件。
爆発は全部で3回、民家で爆発・火災となった後、宇都宮城址公園の清明館北側の駐車場の車が爆発、その約1分後に公園内のベンチが爆発したとのこと。この爆発に3人が巻き添えになり負傷、自殺したとみられる栗原敏勝疑者(72)のバラバラ焼死体の右靴下からは、遺書のようなものが発見されました。また、爆発した民家は容疑者の自宅であることが判明しており、現在、協力者の有無を調査中とのことです。

%e5%ae%87%e9%83%bd%e5%ae%ae%e7%88%86%e7%99%ba%e4%ba%8b%e4%bb%b6_%e7%94%bb%e5%83%8f

犯行理由

事件後、容疑者のものと思われるSNSやブログが発見されています。

こんな処置入院・保護者選任制度も知らない無知な篠原 礼判事に裁かれ、判決に不服・不満であるから判決に従わない。宇都宮家裁は弁護士と結託し、司法権益を死守するために見せしめの判決文で本人訴訟は何を具申しても全て却下、差押命令など発せられ、人権侵害だ。
国家権力の濫用は人権侵害だ。
自暴自棄に陥っている。
宇都宮家裁判事・調停員・書記官から真綿で首を絞められ死刑判決を同じだ。
親父は自決しろと言われたことは、前に書いている。
(栗原敏勝容疑者のブログより)

彼のSNSやブログから考察するに、娘さんが精神障害を患ったことが原因で家庭が崩壊、妻は宗教にハマり、妻との離婚では慰謝料1,000万円以上を差し押さえられ、自宅も競売にかけざるを得ない状況であったとのこと。

v-board

容疑者の妻がハマっていた宗教とは?

長江寺の住職 萩原玄明による「精神病は病気ではなく、先祖霊の憑依現象という独自の信念に基づいており、取りついた霊を供養することで精神病から救うことができる」という考えです。

萩原玄明(はぎわらげんめい)は、東京・八王子の宗教法人・長江寺福浄院の住職で、「精神病は病気ではない~精神科医が見放した患者が完治している驚異の記録~」「精神病が消えていく」等の数々の著書を出版しています。

栗原容疑者はこの萩原玄明氏により、妻と娘がマインドコントロールされていると訴えていました。栗原容疑者が作成したと思われるインターネットサイトには萩原玄明の音声動画がアップされておりますので、気になる方は「真言宗 長江寺住職 萩原玄明氏 -霊視教育 31分録音再生」と検索してみてください。

イスラム国(IS)と同じステレス精神制御人間爆弾だ。
宗教指導者:真言宗 長江寺 住職 荻原玄明 占い師:占聖学 幹蠱 樹門幸宰
祈祷師:氏名等不詳により、金員を約2千万円以上、お布施・授業料・氏名変更料金などに浪費した。
理沙の精神障がい者治療には、効果ないと説得しても、精神制御され、夫の意見は嘘であり、自分の都合の良いことばかり言っていると仕向けた。

%e7%9c%9f%e8%a8%80%e5%ae%97

 

栗原容疑者の意見であり真相は解りませんが、 萩原玄明は数多くの著書があるにも関わらず、自身のプロフィールや顔写真を公にはしておらず、怪しいといった印象を受けざるを得ません…。

今回の爆発事件は、他人を巻き添えにした許されない犯行ではありますが、現代増え続けている「精神病」という病気について、その精神の弱さにつけ込む悪質な宗教団体について、改めて考えさせらる事件となったのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*