【食品添加物】味の素は身体に悪いのか?【化学調味料】

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

よく耳にする ”味の素” の噂について、徹底検証してみたいと思います!

 

公式ホームページによると味の素は、グルタミン酸ナトリウム 97.5%、イノシン酸ナトリウム 1.25%、グアニル酸ナトリウム 1.25% でできています。問題視されているのは、味の素に97.5%も含まれている「L-グルタミン酸ナトリウム(MSG)」です。

 

グルタミン酸ナトリウムは、うま味調味料とも言われており、料理に加えるだけで、料理がより美味しくなることから、多くの外食チェーン店で使用されている食品添加物です。しかし、外食だけではありません。市販の加工食品にもグルタミン酸ナトリウムが含まれているのです。具体例としては、コンビニのお弁当屋おにぎり、ポテトチップスやインスタントラーメン、めんつゆやタレ、ソーセージやハム、漬物等です。

%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%9f%e3%83%b3%e9%85%b8%e3%83%8a%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%83%a0

無添加を謳っている有名牛丼チェーン店でも、L−グルタミン酸ナトリウムは「化学調味料」ではなく、「うま味調味料」とされているらしく、含まれている可能性が大いにあるのです。 このように世間に浸透しているL-グルタミン酸ナトリウム。いったい何者なのでしょうか?

v-board

 

商品に関するご質問に掲載されている「L−グルタミン酸ナトリウム」の説明は以下の通り。

Q:L−グルタミン酸ナトリウムとは何ですか。
A:グルタミン酸は、アミノ酸の一種で昆布のうま味成分です。グルタミン酸は、さとうきびからとれる糖蜜やでんぷんから発酵法で作ります。グルタミン酸は、そのままでは水に溶けにくいものです。水に溶けやすく、また調味料として使いやすくするために、ナトリウムをつけて乾燥したものがグルタミン酸ナトリウムです。

身体に悪い成分とは思えないですね。
以前は、石油から抽出する製法も実際にあり、味の素は石油からできているという噂の根源でもあります。現在はコスト的にも石油は使用されていないので、一安心です。

しかし石油から抽出していないとしても、実際にアメリカでは幼児がL-グルタミン酸ナトリウムを摂取することを禁止しています。特に胎児に多くの影響を与えるといわれておりますので、妊娠中は摂取しないことをオススメします。また成人でも「L−グルタミン酸ナトリウム」は多量に接種すると、体に悪いとする意見があるのです。

実査に起きた「中華料理店症候群」の話は有名ですが、頭痛や歯痛、身体のしびれなどの症状が訴えられました。しかし人に対する毒性は確認できず、証拠とはなりませんでした。しかし、L-グルタミン酸ナトリウムの安全性の確証もできていないのが、実情です。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*