木星の衛星「エウロパ」には地球外生命体が存在している?!今話題のエウロパとは?

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

エウロパとは?

エウロパ は、木星の第2衛星。2007年までに発見された衛星の中で内側から6番目の軌道を回っている。ギリシア神話の、ゼウスが恋に落ちたテュロスの王女エウローペーにちなんで名づけられており、そのラテン語形である。英語読みからユーロパとも表記される。なお、同名の小惑星 エウロパも存在する。 (Wikipediaより)

エウロパとは、「木星の第2衛星」とのこと。
しかし、衛生って何?という方も多いはず。簡単にご説明させていただきます。

宇宙には 恒星・惑星・衛星 というものがあります。
簡単に言ってしまうと、
自ら光を放つ天体が「恒星
恒星の周りを公転している天体が「惑星
惑星の周りを公転している天体のが「衛星」です。

具体的な星の名前をあげますと、以下の通りです。
恒星:太陽
惑星:水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星
衛星:月・フォボス・ダイモス・イオ・エウロパ・ガニメデ・タイタン・ミランダ・トリトンetc…

つまりエウロパは、木星の周りを公転している天体ということです。

 

NASAの発表によると、そのエウロパの観測をハッブル宇宙望遠鏡を使って行っていた天文学者チームが、エウロパの表面から水蒸気とみられる水分の噴出を観測することに成功したとのこと。

v-board

水分が噴出?何がすごいんだ?と思う方もいるかもしれませんが、地球上の生物の体はほとんど水からできており、水は生命に必不可欠です。
その水があるということは、エウロパには地球外生命体が存在するかもしれないということです。

%e9%ad%9a_%e3%82%a8%e3%82%a6%e3%83%ad%e3%83%91

現在、NASAのジェフ・ヨーダー氏は「エウロパの地下に潜むと思われる海洋は太陽系で最も生命が存在する可能性が高い場所です」と話していますし、深海分子生態学者ティモシー・シャンク氏は、「判明している情報に基づくと、エウロパの海底の一部には、地球の深海に存在する熱水噴出孔周辺と非常によく似た環境があるはずだ。この条件下で生命体が存在しないとなると、その方が驚きだ。」と話しています。

推測としては、エウロパの海には魚のような生命体が生息しているのではと言われています。

これから徹底的に調査していくとのことですので、楽しみですね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*