セシウム米が含まれているか心配しつつも松屋の牛丼大盛りを食べてみた

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

久しぶりに牛丼大盛を松屋で食べてみた

牛丼の大盛セットを注文しました。懐かしいです。。20才そこそこの頃に金が無い時にいつも食べていた私の主食が牛丼でした^^b食べると昔を思い出します。

正確には松屋の牛丼は、牛丼ではなく牛めしと言います。吉野家の場合には牛丼です。

%e7%89%9b%e3%82%81%e3%81%97-1

 

ちょっと気になったので松屋と吉野家の創業日時を調べてみました。

吉野家の創業年月日:1945年3月10日

一方

松屋の創業年月日:1966年6月

となっていました。

松屋が牛丼ではなく牛めしという名前で料理を出している理由としては、吉野家が既に牛丼と名乗って商売をしているからではないでしょうか。

序に牛めし大盛のカロリーを調べてみました。ヤバイですね。四捨五入すると約1,000キロカロリーもありました、、、いやーこれはまずい。もっと早く調べていればよかったです。

松屋の牛めし大盛

カロリー/956kcal
たんぱく質/23.3g
脂質/28.7g
炭水化物/140.5g
ナトリウム/1678mg
食塩相当量/4.3g

あと気になる事としては、松屋のお米の産地は国産としか公表されていない事です。福島のセシウム米が入っていると怖いので一応松屋のサポートセンターに確認電話をしてみたました。するとその後の回答として、「松屋フーズではお米の産地は、国産としかご案内が出来ません。」と電話オペレーターが同じ事を繰り返すばかりでした。質問の仕方を変えて「福島県産のお米は使っているのですか?」と聞きましたがやはり同様でした。20年位前なら国産=安心でしたが、少なくとも福島原発が爆発してからは国産野菜・お米は危険です。なぜなら放射能を浴びているからです。

 

脱線してしまいましたが、私はいつも松屋の牛めしには七味をこれ位かけて頂いてます!

%e7%89%9b%e3%82%81%e3%81%97-2

 

 

人気グルメ漫画美味しんぼを閉刊に追い込んだ双葉町

人気グルメ漫画の美味しんぼで山岡君が福島県を訪れた時に疲労感を感じたり、鼻血が出たるという描写がありました。これを見た福島県の双葉町の人たちが「福島県民への差別を煽る」と抗議文を出したそうです。結果として小学館から長年ロングセラーであらゆる世代に愛されてきた美味しんぼが強制閉刊させられる事になってしまいました、、、

v-board

福島県は放射能まみれなのは事実なので差別でもなんでも無いでしょう。しかも作者の雁屋 哲(かりや てつ)さんは、しっかり福島で取材をしているらしいです。そうでも無ければ、浪江町の前町長の井戸川克隆さんが実名で作中に登場してこんな発言をする訳がありません。作中での発言がこちらです。

福島では同じ症状の人が大勢いますよ。言わないだけです

oisixnbo

 

私は、牛丼(牛めし)が好きでよく松屋や吉野家に行っていますが、放射能の恐怖は常に隣り合わせです。福島県産のお米を使っているのは、どうやらこの2大牛丼屋だけではない様です。外食産業では福島県産の安く手に入るセシウム米が無いと、日本経済が落ち込んでいる事もあって商売が成り立たない様です。

 

知人の飲食店の店長が切実に話していました。独身生活を送っている私たちにとっては、松屋や吉野家といったジャンクフード屋は大変便利ではありますが、常に健康リスクがあります。自宅でご飯を食べる時には、福島県産以外のお米を食べる様にしてセシウム米を出来る限り体内に摂取しない様に意識する事が大切です。

 

最後にお米を買う時には、ブレンド米や日本産と書かれている安いお米は高確率で福島産のお米が混ざっているので要注意です!!!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*