話題のスーサイド・スクワッド( SUICIDE SQUAD)を見た感想

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

スーサイド・スクワッド( SUICIDE SQUAD)は、久々に寝ずに最後まで映画を見る事が出来ました。
suicide-squad

久しぶりに面白い映画だったと思いました。
混雑した映画館で映画を見たくないので私はレイトショーを新宿バルト9でスーサイドスクワッドを見てきました。通常であれば、この時間帯はスッカスカな筈なのですが、00:30の回でも7割り程度は埋まっていました。昼間見に行ったら大変な混雑になっていた事でしょう。

 

どういうストリーかと言うと、DCコミックスに出てくる悪役達が刑期を短くするのと引き換えに、テロリストと戦うべし!といった内容です。ハーレークイン役の女優は、アメリカ合衆国で活躍中のマーゴット・ロビーでとても美人でした。一方で、スーサイドスクワッドに登場する「カタナ」という変な日本人ぶってるキャラクターは、同じくアメリカ在住の「福原かれん」という日系アメリカ人です。「カタナ」と呼ばれていますが、本名は「タツ」ですw映画の中では変な眉間に日の丸マークのある仮面を被っていて素顔は劇中では一切見えません。ハーレークイーンが美人なのにこっちは、、、残念、、、

 

どうも洋画の中に出て来る日本人女性はブスが多いです。勿論出演する以上はオーディションも受けているでしょうから考えられる事としては、日米とでの美に対する価値観の違いから来ている気がします。なお、実社会でははっきり言うと怒られてしまいますが、日本で外人男性と付き合っている女性は大体ブスです。外人男性には日本で持てない女性がどうやら好まれる傾向にある様です。

 

脱線してしまいましたが、この映画は久しぶりに面白かったです。キルビルという映画が好きな人は絶対ハマる映画だと思います。ブームが過ぎ去ってから見るから、映画館のレイトショーで見る事をお勧めします。Huluで流れるのはまだ2年位後になるのではないでしょうか。ハーレークイーンは、薬をやっているせいか、精神病なのかキチガイキャラです。

v-board

 

DCコミックスとは、スーパーマンやバットマンといった超有名漫画をこの世に送り出して来たアメリカでは、かなり有名な大手2大漫画出版会社です。ちょっと前に BATMAN VS SUPERMAN (バットマン VS スーパーマン)の映画がありましたが、これもDCコミックス社が作っています。つまり、DCコミックス社というのは、日本で言うところの週刊少年ジャンプの様な会社です。

DCコミックス アンソロジー

色々と脱線してしまいましたが^^b スーサイドスクワッドは、バットマン VS スーパーマンの映画に負けない位面白い映画でした。人間のハズなのに人間とは思えない動きが満載のスーサイドスクワッドは今夏の一番面白い映画です。ジョーカー(緑色の髪の毛の男)とハーレークイーンが高いところからでっかい鍋みたいなところにジャンプするのは爽快でした。しかしあれの中身ってなんなのでしょか。飛び込んだ時に赤と青の渦が描かれていましたがよくわかりません。。。

なんちゃって映画評論家がスーサイドスクワッドはつまらないとか酷評していますが、私は面白かったです。小銭稼ぎの映画評論家の意見に騙されない様にしてください^^bあの人たちは、映画スポンサーからお金をもらった映画についてだけは、高評価をするステマ映画評論家ですので。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディション ブルーレイセット(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*