【NHK受信料】ワンセグも受信料払え!高市総務相とNHKの癒着

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

nhk撃退シール

話題となっている「ワンセグ機能付き携帯電話を所持しているだけで、NHK受信料の契約を結ぶ義務はあるのか」を争った裁判。

 

この裁判でNHKは、ワンセグ付きの携帯電話でも、放送法64条1項「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。」で定められた”受信設備”に当たるとし、契約を結ぶことを訴えました。

 

勿論、NHKの主張には無理があるとし、さいたま地裁の大野和明裁判長は「契約義務はない」と判断
しかしこの判決を受けて、高市早苗総務相は「携帯受信機も受信契約締結義務の対象だと考えている」との反論。

v-board

高市総務大臣は閣議のあとの記者会見で、「総務省としては、受信設備の『設置』という意味について、『使用できる状態におくこと』と規定したNHKの放送受信規約を認可しており、従来から、ワンセグ付きの携帯電話も受信契約締結義務の対象だと考えている」と述べました。
また、高市総務大臣は「NHKはただちに控訴するというコメントを出している。総務省としては、訴訟の推移を見守ってまいりたい」と述べました。
(NHKニュースより)

高市総務大臣

これにはネット上でも、「NHKと癒着しているんじゃないか」「判決に口を出すべきではない」「公共放送はいらいない」と批判が殺到!

 

この批判でNHK問題を大きくするのが嫌だったのか、9月6日に総務省はNHKに対し、NHKへ事情を聴く方針を固めた。ワンセグのみを所有する世帯に対する受信料の支払いについて、事実上免除するよう求める方針とのこと。
 
この方針には一安心ですが、ずいぶん意見が二転三転するものですね。
高市総務大臣がNHKに媚びを売ったものの、世論の反発を受けて急遽進路変更といったところでしょうか。
 

やはり天下り先のNHKを解体させる訳にはいかないですよね。

 
しかし、総務省からNHKへの発言は強制でありません。
今後のNHKの対応が気になりますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*