インクカートリッジを百円ショップで済ませる方法

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

インクカートリッジの値段の下落とその理由

inkcartridge

ワープロの時代と比較すると今ではパソコンで打った文書や地図などを、簡単に印刷ができるようになりました。
特に、個人向けにパソコンが出荷されてから個人向けのプリンタも爆発的に売れました。

そのため、それらに適合するインクジェットプリンタのインクカートリッジも大量に販売されています。
一見してプリンタの価格に比べて、市販されているインクカートリッジは若干高いと思います。

大まかには、インクの黒色単体だけで1,000-2,000円はしました。
そのため、まとめ買いする人も多く、プリンタそのもののコストよりも値段が高いというのが顧客の声としてありました。

そのうち、別の小さな製造会社が似たようなインクカートリッジを製造しても良いという許可が下りました。
それからインクカートリッジ単体が少しばかり安くなりました。

この時の値段はインクの黒色単体だけで750円-1,500円と割と手頃な値段になりました。
まるで歴史のように進歩しているわけではありませんが、製品の売られ方によって値段が少し手頃になっていきました。

v-board

そして、スマートフォンやタブレットなどが売れる時代になった頃、紙で印刷するということがなくなっていきました。
例えば、会社で使う資料や分厚い書籍の印刷など紙だけでなくインクそのものの価値が一気に下落しました。

すると、百円ショップや文具店が共同してインクカートリッジの回収とインクの入れ替えという細かな作業を行うようになりました。
日本のものを大切にする精神がここで活かされているといっても過言ではないでしょう。

おかげで、今では百円ショップでもプリンタのインクカートリッジが買えるようになりました。
ただし、機種によっては買えないものもありますが、その点だけ間違えなければ、リーズナブルな価格です。

中には、昔からインクの充填作業を行っている業者もいたようですが、インクカートリッジを身近に感じられるのは、
このような経緯になります。

最初の値段と比較すると、黒色単体だけで1,000-2,000円していたものが1割の100円で購入することができるのは、
物価が唯一下がっている物珍しい典型例だと思います。

なお、情報技術の分野では、サービスやソフトなどの物価が下落してもまた新製品が誕生することで巻き返しを図っていますが、
プリンタ関連製品の場合は特別で、紙に代わるものが無いため、このような現象が起こっています。

そのため、紙媒体が好きな人はあえて中古でプリンタを購入し、それに適合する格安なインクカートリッジを選ぶという方法が、
流行り始めています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*