弱者には強気の片山さつき「貧困を訴える女子高生」を批判

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

NHKの「子どもの貧困」に関する特集番組に実名で出演した母子家庭の女子高校生を「このレベルでは貧困ではない」という内容の文章をTwitterにあげ批判しました。

キャプチャ1

この女子高生はアルバイトの母親と2人暮らしをしており部屋にはエアコンは設置されておらず外に室外機があるのみ。夏の暑い日には首に保冷材を捲いてしのいでいるというのです。
今の日本においてエアコンのない家など存在するのでしょうか?
それだけでも困窮した家庭だということがわかります。
貧困であると訴えた杉山麗さんは50万円の学費が足りずに専門学校の進学をあきらめたそうです。
自分の家が貧しいと気づいたのは中学生になりパソコンが家にないからという理由でパソコンの授業についていけなかったのがきっかけだそうです。授業についていけない事を心配した母親が買ってくれた1000円程のキーボードだけでパソコンの練習をしたそうです。

キャプチャ2

v-board

中学生になっても家にPCがない環境。たった50万円の学費がはらえず進学を諦めざるを得ない辛さを政治家であり東大卒の片山さつきに理解できるのだろうか?
東大といえば在学生の半分以上が世帯年収1000万円以上であるという結果が出ている。
また片山さつきの父親は数学者であり宇都宮大学名誉教授です。
そんな家庭に生まれれば生活の面で苦労したことなんてないでしょう。
順調に東大へ行って政治家になり大蔵省へ入った女性に庶民。いや貧困層の子供たちの生活なんて理解できないのでしょう。

だからTwitterで「経済的理由で進学できないなら奨学金等各種政策で支援可能!」という冷たいことが言えるのです。
奨学金なんてただでさえ貧しい、しかも10代の子に借金を背負えといっているようなものです。
チケットやグッズ、ランチ節約をすれば中古のパソコンは十分買えるでしょうとも言っているが貧しい家の子は外食をしてはいけないのでしょうか?
友達と映画を見にいくことも許されないのでしょうか?
将来、携わりたいと思っている仕事のために買っているペンやコミック・製図画材も趣味のものとして終わらされてしまうのでしょうか?

こんな貧乏人は貧乏人らしく弁えて生活しろ。
贅沢なんかするな。という内容の事を政治家がどうどうと言う国で子供を育てようなどと思う馬鹿がいるとは思えません。

片山さつきといえば高収入の芸能人の親が生活保護を受けていることについても批判していましたが元夫である舛添要一は学者でありテレビにもよく出る売れっ子タレント、本も何冊も書き高収入を得ているにもかかわらず舛添の兄弟の1人が生活保護を受けているというのを週刊誌で報じられていました。
芸能人よりも公人である舛添のほうが悪です。
芸能人の件は生活保護法上なにも問題はなかったのです。

的外れな批判ばかりしている片山さつき。
今回も10代の弱い女の子を批判の的にして御高説を垂れているのです。
自分より立場が下の人にしか物申せないくせに。
こんなやつが年収1億以上もらっているなんて日本は終わっています。
さっさと見切りをつけて日本から出ていくのが賢明でしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*