【あやしい電波】ディズニーに虫がいないのはなぜ【魔法の水】

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

先日、夢の国へ行ってきました。

^4488DD29F766E72AF74C96A19073DFA595199C6A6AD8AF5ED9^pimgpsh_fullsize_distr
そこでとても不思議に思ったのですがディズニーランド・ディズニーシーには虫がいない!!(ついでにいうとカラスもいない)

^9B0FB21E4B0AD4D80DAAB091F0564301020886B9D78BCBB086^pimgpsh_fullsize_distr
ディズニーシーはメディテレーニアンハーバー・アメリカンウォーターフロントのように水の多い場所やロストリバーデルタのように緑が多い場所があるにも関わらず蚊などの虫をまったく見かけません。
ディズニーランドのアメリカ川の水なんて濁っていて、はっきり言って汚いです。
なのに虫はいない。
不思議ですよね?
虫がいなさすぎて、あやしい電波(超音波)を使って虫やカラスが入らないようにしているという都市伝説まで出たほどです。

 

なので虫がいない理由を調べてみました。
そしたら驚くべき事実が!!
ディズニーに流れている水は魔法の水だったのです!!
まぁ、魔法の水という冗談はおいといて。笑

いくつかの説が出てきたので順に書いていきます。
1つは高濃度の次亜塩素ナトリウムなどで水を殺菌しているからボウフラが沸かず蚊などが繁殖しないということでした。
なので水場の近くに行くとプールのような塩素の匂いを感じる人もいるようです。
また雨で出来た水たまりもカストーディアル(清掃するスタッフ)の方がすぐに綺麗にするので蚊の繁殖を抑えられるそうです。

v-board

2つ目は蚊の特性に関係するのですが蚊は”動きのある水”からは発生しないのです。
蚊が発生しやすいのは水深が浅く動きのない溜まっている水。
パークのバックヤードには巨大な水処理施設があり常にそこで水道水と比べても区別がつないほど綺麗に浄水し循環させているのでメディテレーニアンハーバーなどパーク内の水にも動きがでて蚊の発生を防ぐことが出来るそうです。

 

bbcn

またアメリカ川などの濁った水は汚れているのではなくイメージに沿った色に人工的に着色しているのだそうです。

私個人としてはイメージにあわせて水の着色までするこだわりを見せているのに魚を1匹も泳がせていないのはボウフラ防止のための塩素が魚が生きられないほど高濃度で入っているからだと思いました。
信じるか信じないかはあなたしだいです。

 

^1B8A6662A3269F81D19BB85E75A50EC8019A630290CDDE36A5^pimgpsh_fullsize_distr

ちなみにこんな風船ごときがディズニーでは1000円もします。
たかだかディズニーキャラクターを描いただけでこんなに高い金額をとるなんて天下のディズニーはすごいですね^^
そんなんだからUSJに入場者数を抜かれるんですよ^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*