意外と知らない浴衣のこと

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

夏といえばお祭りや花火。
そういった場所に行くにあたって外せないのが浴衣ですよね。
女性が浴衣を着ている姿は洋服の時に比べて一層、色っぽく見えて大好きですw
世の中の男で浴衣が嫌いな男などいないのではないでしょうか!?

mari_b130612_1

v-board

そんな浴衣の由来などをご紹介したいと思います。
入浴後に着た汗取りの着物、古くは入浴の際に着用した浴帷子(ゆかたびた)が江戸中期以降になってお風呂上りに着るようになり、その後、夏に着るものへと変化していったのが浴衣の由来だそうです。

最近では早いと5月、6月頃から見かけるようになった浴衣ですが伝統の衣替え通りだと7月の初め頃から8月いっぱいの盛夏と呼ばれる時期に着るのが一般的だそうです。
しかし毎年暑い時期が長くなってきており5月6月から暑くなってきているので浴衣の着用時期も長くなっているそうです。

伝統的な時期でいうと今からが本格的な浴衣の時期。
最近では斬新な浴衣なども多いですが、これから浴衣を着た人で街中が溢れかえると思うと嬉しい限りですね^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*