iPhoneのiOS10でドナー登録機能搭載

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

今秋リリース予定のiOS 10のヘルスケアアプリにて臓器提供の登録が簡単にできる機能を搭載したことを米国時間の7月5日に米Appleと米Donate Life Americaが明らかにした。

 

ぽぽな ドナー

 

このヘルスケアアプリは数回タップするだけで臓器や眼球、組織などのドナー登録を行うことができるようになる。
この機能を利用できるのは、まずはアメリカユーザーのみらしい。

v-board

 

Donate Life Americaのデビッド・フレミングCEOは「臓器移植の需要がはるかに臓器の利用可能な供給を超えているため、アメリカで移植を待つ人は、平均して毎時1人亡くなっている。そして、1人の提供者は、8つもの命を救うことができる」と述べた。
米国では現時点で12万人以上が待機しており、この待機者名簿には新しい名前が10分に1人追加されている状態だという。

 

これが成功したらAppleのジェフ・ウィリアムスCOOが語る「Appleのミッションは常に人々の生活を改善することだ」ということが実現されたことになりますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*