ブルーライトが体に及ぼす影響とは

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

スマホやパソコンから出る青い光【ブルーライト】。
1度は耳にしたことがあるこの言葉ですがブルーライトが体にどんな悪影響を及ぼすかみなさんはご存知でしょうか?

4205c03a

v-board

このブルーライトは網膜に達する光の中で最も紫外線に近いエネルギーを発するため目の疲れや痛みなどの直接的なダメージを眼球に与えます。
またブルーライトを長時間浴びていると、メラトニンという眠気を誘うホルモンが分泌されにくくなります。
そのため体内時計が狂い睡眠障害、うつ病、肥満、ガンになりやすいということが分かっているそうです。
病気の直接的な原因になるという根拠はまだないそうなのですがリスクが高くなることは確かだそうです。
そのため厚生労働省のガイドラインでも【1時間のデジタルディスプレイ機器での作業を行った際には15分程度の休憩をとる】ということが推奨されています。
ですが我々の生活にはブルーライトが溢れかえっています。
会社に行けば当たり前にPCが置いてあり何かと便利なタブレットやスマホからもブルーライトは発せられています。
現代生活においてブルーライトを全く浴びずに生活するというのは不可能です。
ですが、いくつかの事を気を付けて生活すればコントロールすることは可能なのです。
・夜寝る2~3時間前はPC・スマホを見ないようにする
・日中にしっかり太陽光を浴びる
・ブルーライトを抑える機能付きのLED照明を使う
・ブルーライト対策用の眼鏡を使用する
などがあります。
ブルーライトと上手に付き合っていくために日々の生活を少しだけ工夫してみていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*