日本人とポリネシア人だけが、虫の鳴き声を「声」として認識できる!!

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

最近の科学技術の進歩により、日本人の脳と外人の脳との間には驚く様な違いがある事がだんだんと分かってきました。

近年の研究では、なんと虫の鳴き声を「声」として認識できているのは世界中でも日本人とポリネシア人のみである事実が判明したそうです。日本人ポリネシア人の脳の働きには他の多くの民族と比べて大きな違いがあった事に起因します。

人間の脳は右脳と左脳に分かれています。一般に

右脳

→感性や感覚を司る。

左脳

→言語や論理性を司る。

 

といった風に機能が分かれています。そしてほとんどの民族は虫の声を右脳で認識するのですが、日本人とポリネシア人だけは左脳で認識しているんだそうです。その為、多くの民族には虫の声は「雑音」にしか聞こえない一方、日本人とポリネシア人には「言語」として認識されています。

 

鶏の鳴き声も日本人は「コケコッコー」と聞こえますが、それがアメリカ人だと「クックドゥードゥルドゥー」と聞こえるという有名なエピソードがあります。実はこの事が関係していたのですね。

 

さらに興味深い事があります。

 

日本人やポリネシア人でも外国語を母語とする者(つまり、日本人だけど英語が母国語の人達)は、虫の声が「雑音」として認識されます。また、外国人でも日本語を母国語とする者(アメリカ人なのに普段は日本語を話している人)は、虫の声が言語として認識されるのです。

 

どうやら虫の鳴き声を「声」として認識する原因は民族的な遺伝には無く、その人の母語に秘密があるという事が段々と分かってきました。日本語とポリネシア語の特徴は、母音を中心としている点です。多くの言語は子音が中心である為これは世界的に珍しい特徴でもあります。

 

母音は「あー」「うー」など声帯の振動をそのまま伝えることで発生される、つまり極めて自然に発せられる音であるのに対し、子音は口や息で制動することによって発し、相手との距離を保ち、威嚇するための音なのです。以上の特徴こそ、日本語とポリネシア語を母語とする人々が、虫の鳴き声を言語として左脳で受け止める能力を持っている事の理由なのです。

ただ、こういう話をすると日本人の耳は良いと思うかもしれませんが、実は驚きの調査結果が出ているのです。それは日本人の6人に1人は難聴の傾向があるそうです。一見関係が無さそうに見えますが、聴力は内臓の活動状況・そして日頃うけるストレスの影響をもろにうけるそうです。

v-board

 

「難聴」の定義は、40db(デシベル)より小さい音を聞き取り辛いという場合は難聴とされています。日本人の実に16%が難聴だと言われています。この数字でピンときませんか?そう10~20代の音楽をよく聞く世代の数字と似ているのです。かく言う私も若い頃はヘヴィメタルバンドのX-JAPANの曲を大音量で常にかけていて若干難聴気味なってました^^。流石に耳に悪いという自覚症状が出てきたので音量をそれからは小さくして聞く様になってから、難聴気味だった耳の感度はすこぶる快調です!音楽を聴くのはストレス軽減などの効果がありますが、ほどほどの音量で聞く事をお勧めします。

ちょっと話が脱線してしまいましたね。話を戻しましょう。ポリネシアとは、ハワイ・ニュージーランド・イースター島を結ぶとできあがる広大なトライアングルの領域の中にある沢山の島々の事です。ギリシャ語でポリネシアは、多数の島々という意味です。インディアンみたいな恰好をしています。地理的にも日本とはかなり離れた場所にありながら、言語が似ているのは不思議ですね。もしかすると日本の祖先はポリネシア人だったのかも・・・それは流石にないですね。芸能人の冬の旅行先としてお馴染みのハワイはポリネシアの代表格です。

皆さんもハワイやフィジーに旅行に行ったときに現地の人に虫の鳴き声が「雑音」or「声」どちらに聞こえるのかインタビューしてみてはいかがでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*