野菜ソムリエになろう!野菜の選び方と保存方法

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

普段何気なく買っている野菜も、少し知識をつけるだけで、同じお値段で新鮮で美味しく、栄養素の高いものを買うことが出来ます。知らないと損する野菜の選び方をまとめました。

 

長ネギ
長ネギは、白い部分と緑色の部分の色がはっきりしいて、境目が分かりやすいものを選びましょう。また白い部分の太さが均一で、まっすぐ伸びているものが良いです。

 

じゃがいも
じゃがいもは料理によって、ポテトサラダなど過熱してつぶす場合は男爵、カレーや煮物にはメークインといったように品種で選ぶことが出来るのは有名ですね。用途の他に美味しいじゃがいもを選ぶコツとしては、ふっくらと丸みがありしわのないものを選ぶようにしましょう。また、芽が出始めているものはNGですが、芽が出る直前のじゃがいもはでんぷんの糖化作用が進んでいるので、甘みが増します。

 

キャベツ
キャベツはぎっしりと固く巻いていて重いもの、外側の葉が緑のものを選びましょう。

 

レタス
レタスはキャベツと違い、しなびてくると重みが増します。軽いものを選びましょう。また、葉の色についても濃い緑色のレタスは成長しすぎています。白くハリのあるレタスを選びましょう。

 

トマト
トマトは、へた(緑)も実の部分(赤)も色鮮やかで、丸いものを選びましょう。また、重さがあるトマト = 水分が多い = 甘みが増す と繋がるので、重いものの方が甘味があります。

 

アスパラガス
アスパラは太く、濃い緑色のものを選びましょう。アスパラガスは太いほどに、甘みを増し柔らかくなります。

v-board

 

にんじん
にんじんは芯が細く、ツヤのある色鮮やかなものを選びましょう。赤みが鮮やかで色が濃いものほど、カロテンを豊富に含んでいます。

 

玉ねぎ
玉ねぎは、芯が細いものを選びましょう。また、乾燥していてツヤのあるものの方が味が良いです。

 

ほうれん草
ほうれん草は、茎が細く、葉に厚みのあるものを選びましょう。また、根の部分が赤く太い物の方が良いです。

 

ブロッコリー
ブロッコリーは、つぼみがうっすらと紫がかっているものを選びましょう。これは太陽の光をたくさん受けて育った証拠で、甘味が増します。また、ブロッコリーは茹でると茹で汁に栄養分が溶け出してしまいます。ゆで汁を使ってスープにしたり、お米を炊いたりと活用することをオススメします。

 

だいこん
だいこんは、首の部分は緑・根の部分は白いというものが新鮮でみずみずしいだいこんです。

 

なす
なすは、首が太く、黒光りしているものを選びましょう。またヘタの部分が黒く、とげが鋭いものの方が新鮮です。

 

パプリカ
パプリカはツヤのある色鮮やかなものを選びましょう。また、みずみずしく新鮮なものは、そうでないものより重さがあります。

 

オクラ
オクラは、うぶ毛がびっしり生えていて鮮やかな緑色のものを選びましょう。うぶ毛がしっかりしているものは、新鮮な証拠です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*