ファ〇リーズの危険性?!除菌・消臭・ヘアスプレーに含まれる化学物質

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

普段に何気なく使用している消臭スプレーやヘアスプレーですが、「老化が進む」「妊婦は使用してはいけない」「ハゲる」「病気を引き起こす」といった噂があるのをご存知ですか?今日は日常に潜む危険、知りたくなかった雑学をご紹介します。

 

消臭・除菌スプレー

夏には欠かせない消臭スプレーや、生活に欠かせないものとなったファ〇リーズやリ〇ッシュといった除菌スプレーですが、実は人体に悪影響を及ぼす化学成分が含まれている可能性があるのです。

というのも、成分表で公表されていない「有機系」は「第四級アンモニウム塩」ではないのか?という指摘があるのです。もし、第四級アンモニウム塩が含まれているのならば、とても危険な成分です。事実かどうかは不明ですが、きちんと成分表に成分を書いていないことから、この危険な成分が含まれている可能性が高いと言われています。

また、イギリスの研究チームは、消臭・除菌スプレーの科化学物質が皮膚にしみこむと、抵抗力が弱まる可能性があると発表しています。というのも、除菌剤が人体に入ってしまうと、活性化酸素を出して抵抗します。これが老化に繋がるのです。

以上の理由から、消臭スプレーや除菌スプレーを頻繁に使用したり、飛沫を吸い込む事がないように気をつけなければなりません。

v-board

 

ヘアスプレー

妊婦さんは使用NG?
オーガニックのヘアスプレー以外には、あの有名なケ〇プの成分表示にもあるように、LPGやアクリルアミド、アセタミドMEA等の毒性がある成分が含まれているのは事実です。皮膚から吸収される成分もあるので、妊婦さんに限らず、毎日使用するという人は気をつけなければなりません。

また、ヘアスプレーは刺激の強い成分を含んでいるので、妊娠中や生理中は肌が敏感になっているので、頭皮がかぶれてしまうといった点でも使用しない方が良いとされています。

胎児への影響についてですが、影響があるといった調査結果があったり、影響なく生まれてきたという事実もあるので、ハッキリと解明されていないのが現状です。

しかし、香料や保存料を含む商品、排気ガスやタバコの煙といったものも、胎児に悪影響を及ぼすと言われていますが、生活して行く上では100%避けることは不可能です。そういった点ではそこまでムキにならずに、出来るだけヘアスプレーの使用を避けるといった程度の考えで良いのかもしれません。

 

ハゲる?
結論から言いますと、もちろん整髪料は使用すると、ハゲやすくなります。

ヘアスプレー等の整髪料が頭皮に付着すると、正常に排出されなければいけない頭皮汗腺からの汗や余分な脂の排出が妨げられてしまいます。また、シャンプーしたつもりでも、ヘアスプレーが綺麗に洗い流されていない場合も多いようです。

ヘアスプレーを使用する場合は、頭皮へ付着を避け、頭皮を清潔に保つよう心がけましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*