なぜ4月がスタート?なぜ3月が年度末なのか?

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

年度末とは?

そもそも”年度”とは、”会計年度”の略です。
会計年度とは、会計の便宜上、一定の区切りで設けられた1年の期間です。
通常、日本では国の予算も4月1日~3月31日の期間を会計年度とされ、多くの会社もその期間を会計年度とすることが多くなっています。この期間を会計年度とした場合、”年度末”は会計年度の末、3月や3月31日を指します。

 

なぜ4月スタートなのか?

日本では、前述したように3月が年度末とされ、4月が入学や入社のシーズンであり、スタートする月とされています。しかし、世界的にみると、4月にスタートするのはとても珍しいのです。では、なぜ4月がスタートの月となったのでしょうか?

諸説あるようですが、「明治時代にイギリスにならって4月~3月までを国の会計年度とし、それに合わせて、学校も4月スタートに変更された」というのが、有力な説のようです。

つまり、江戸時代までは年度というものは無く、1月~12月が1年という考え方しかなかったのですが、明治時代から財政法という法律で、国の会計年度は4月1日~3月31日と決められた訳なのです。

v-board

 

民間企業の会計年度

政府や地方自治体の会計年度は4月1日~3月31日と定められていますが、民間企業の会計年度は自由に決めることが出来ます。しかし、日本の上場企業の約7割の会計年度は4月スタートとされ、3月期決算の会社がスタンダートとなっています。

しかし、現在では海外の子会社等に合わせて1月1日~12月31日を会計年度とする企業が増えています。というのも、中国では法律で1月1日~12月31日と決められており、自由に決められるアメリカの企業の多くも1月1日~12月31日の企業が多いからなのです。

しかし、会社での会計年度の決め方としては、繁忙期を避けたり、資金繰りに厳しい月と納税月が重ならないようにして決めます。資金繰りに厳しい月というのは、従業員にボーナスを払う夏の6月~7月や冬の12月、売上の入金が少ない月のことを指します。また、小売業や卸業の場合、決算日には棚卸を行わなければならないので、在庫の少ない月を決算月とします。さらに、売上が多い月を会計年度の頭に指定すれば、節税対策の幅が広がるといった決め方もあるようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*