ひな祭りに関する雑学

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

日本では季節の変わり目に節句と呼ばれる年中行事がありますね。その中でも、1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じょうし)、5月5日の端午(たんご)、7月7日七夕(しちせき)、9月9日の重陽(ちょうよう)は、五節句と呼ばれる代表的な節句です。そして、もうすぐ迎えるのが「桃の節句」や「雛祭り」として有名な「上巳の節句」ですね!

 

雛祭りと言えば、雛人形や桃の花を飾ったりして、女の子健やかな成長を祈るの日ですね。しかしひな祭りには、そもそもどんな意味があるのでしょうか?雛人形を飾る理由、ひな祭りの起源etc…ひな祭りの雑学についてまとめました。

 

雛祭りの起源

雛祭りの起源は諸説あるようですが、「雛遊び」と「流し雛」が結びつき、形を変えて定着したものが「雛祭り」だと言われています。

雛遊びは「ひいなあそび」と読みます。平安時代「ひいな」は「小さくてかわいらいいもの」を意味し、「雛遊び」は貴族の子供がやっていたおままごと遊びを意味する言葉です。
流し雛は、紙や草等で作った人型の人形に、お酒やお供え物を添えて、災厄を託して川に流すといった儀式です。もともとの「上巳の節句」で行われていた厄払いや邪気祓いの為の風習が雛流しなのです。

v-board

この「雛遊び」と「流し雛」が結びつき、実際に今のように家に人形を飾る「雛祭り」が行われるようになったのは、江戸時代とのこと。

 

雛人形を飾る理由

人形は厄を身代わりに受けてくれるものとして考えられており、雛人形は女の子の穢れを移して、代わりに厄災を引き受けてくれる身代わりとして飾っているのです。

厄払いの意味があるので、「一夜飾り」はNG!1週間前までには飾りつけを済ませておきましょう。
また、雛人形をしまう時期について、「雛人形をしまうのが遅れると、婚期が遅れる」という話をよく耳にしますが、これは根拠のない迷信といってもよいでしょう。ちなみに雛人形をしまうのは、3月6日頃の「啓蟄の日」と呼ばれる日がベスト!

 

なぜ女の子の日と言われるのか?

「なぜ雛祭りは女の子日なのか?」その理由はいたってシンプルです。理由は「江戸時代の幕府がそう決めたから」です。
というのも、元々3月上旬の上巳の節句を3月3日に制定した際に、人形を飾るため3月3日を女の子の日とし、5月5日は男の子の日と定めたのです。

 

桃の節句

旧暦では、ちょうど3月3日が桃の花が咲く時期でした。また、古くから桃の実は、魔除けや邪気を払う力があるとされており、桃の花を飾っていたことから、「上巳の節句」の和名を「桃の節句」としたのだとか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*