知らない方が良かった?!節分に関する雑学

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

2月3日は節分というのは常識ですが、節分とはそもそも何の日なのかをご存知ですか?最近は恵方巻というものが登場しましたが、そもそも鬼を追い払うために豆をまくイベントでしたよね。でもなぜ”2月3日”に、鬼を豆で払うのでしょうか?今回は節分に関する雑学をご紹介ちゃいます。

 

節分とは?

「節分」という言葉は、「季節を分ける」という意味を持ちます。

日本には、四季(春夏秋冬)がありますね。その季節の分かれ目の、季節が始まる日のことをそれぞれ”立春(りっしゅん:2/4頃)、立夏(りっか:5/6頃)、立秋(りっしゅう:8/8頃)、立冬(りっとう:11/7頃)”と呼んでいます。そして、その季節の始まりの日の前日を”節分”と呼ぶのです。

 

つまり、節分は年に4回あるのです。
しかし、1年の始まりは「春」ということで、「新しい1年に災いや不幸がないように」と願いを込めて、この春の節分に邪気を祓う儀式が行われるようになったのです。

 

なぜ鬼と豆なのか?

節分と言えば、「鬼は外、福は内」というフレーズと共に豆をまくのが一般的ですよね。しかし、なぜ”鬼”と”豆”なのでしょうか?

昔、季節の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられていました。そして今の節分と呼ばれる日(立春の前日)は、旧暦では大晦日にあたる日であり、最も大切な節目だったのです。

そして平安時代、その大切な節目に、宮中行事として行われるようになったのが、中国から伝わった鬼払いの儀式「追儺(ついな)」です。その「追儺」に厄除けの儀式「豆打ち」が融合し、今の「豆まき」のスタイルになったとされています。

v-board

そして、昔は悪いことは鬼の所為だと考えられていたので、節分の“鬼”は、目には見えない邪気や厄災を象徴していた”陰”のことなんです。

また、なぜ”豆”なのかといいますと、大豆は五穀のひとつで穀霊が宿るとされ、”生命力と魔除けの力がある”という考え方られていました。さらに、神事ではよくお米が使用されていますが、豆ならお米より粒が大きく、悪霊を払うのに適していたという訳です。

しかし、豆なら何でもよいという訳ではありません。生きた豆ですと、撒いた豆から芽が出てきてしまい、縁起が悪いのです。必ず炒り豆を使用してください。

 

恵方巻ってなに?

節分の豆まきの由来についてご説明しましたが、だったら”恵方巻き”って何?!って感じですよね。

実は恵方巻きは、豆まきほど歴史深いものではなく、大阪の花街界隈で流行っていた花魁遊びが由来という説が濃厚のようですが、由来が由来だけに公にはあやふやになっています。

その頃は”恵方巻き”とは呼ばれていなかったのですが、今の恵方巻きのように「恵方の方角を向き、無言で1本の巻き寿司を食べると幸せになる」といった遊びでした。

そこから恵方巻きは、土用の丑の日鰻を食べるといった習慣のように、節分に恵方巻きを食べるという販促活動により、”恵方巻き”として広められてきたのです。そして近年の”恵方巻き”ブームの火付け役となったのが、セブンイレブン。このセブンイレブンが”恵方巻き”の名付け親だと言われています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*