【クリスマス】12月25日はキリストの誕生日ではない【雑学】

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

12月25日はイエス・キリストの誕生日ではない!

キリスト教ではない日本人は、12月25日はイエス・キリストの誕生日だと思っている方も少なくないでしょう。しかし、イエス・キリストの生まれた日は正確に分かっていないんです。あくまでも12月25日のクリスマスは「イエス・キリストの降誕を祝う日」と決めただけなのです。では、なぜ12月25日なのか?と思いますよね。なぜかと言いますと、12月25日は本来冬至祭であったため、その日をキリスト降誕の祝いの日とすることっで、キリスト教の勢力拡大を行ったと言われています。

 

クリスマスプレゼントの起源

前述の通り、そもそもクリスマスは「キリスト降誕祭」です。ですので、クリスマスプレゼントは、キリストが生まれたとき、東方の三賢人が異国から贈り物を持ってやってきたことに由来するとされています。
しかし他にも、さらにキリスト教布教後に、聖ニコラスが貧しい人にが貧しい人々に、パンなどの食料やお菓子、玩具を贈ったことが始まりとも言われています。
 

現在のサンタクロースやクリスマスプレゼントの起源

現在のクリスマスの象徴、サンタクロースやクリスマスプレゼントの起源となったは”オーディン”と”聖ニコラウス”とされています。
そもそも、キリスト教の誕生より前に「ゲルマン神話」や「北欧神話」で”オーディン”という人がトナカイに乗って、煙突から家に入り、プレゼントを残していくという伝承があったとのこと。
また、キリスト教布教後に恵まれない人々を支えていた聖ニコラウスという人物が、家計に苦しむ3姉妹のために家の煙突へお金を投げ入れ、そのお金が暖炉の横にあった靴下に入ったという話があります。
この2つの話が、現在のサンタクロース・クリスマスプレゼントの起源とされているようです。
 

v-board

サンタクロースの恰好は、なぜ赤と白なのか?

これは有名な話ですが、コカ・コーラ社の広告で赤と白のサンタクロースを描いたことから、世界的にサンタクロースのイメージが定着しました。サンタクロースの”赤”い衣装は、コカ・コーラ宣伝のための”赤”だったんですね。この事実には、子供の夢が壊されてしまいますね…。
 

クリスマス・イブの「イブ」の意味

クリスマス・イブというのは、クリスマスの前夜祭として知られていますね。しかし、そもそも「イブ」って何なのかご存知ですか?なんと、この「イブ」は「evening(夜、晩)」の「イブ」なんです。そうです!そもそも「クリスマス・イブ」は、クリスマスの夜のことを示す言葉だったんです。
ではなぜ12月24日がクリスマス・イブと呼ばれるのでしょうか?それは教会暦に理由があります。教会暦は日没とともに日付が変わるのです。なので、クリスマスは「24日の日没~25日の日没まで」となります。となると、25日の夜はもうクリスマスではないのです。つまりクリスマスの夜は、24日の日没~0時までを意味します。それでクリスマス・イブは24日というわけです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*