ポケットティッシュをタダで配る国・日本

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

ポケットティッシュをタダで配る国・日本

街でよく配られているポケットティッシュですが、実はこのようにタダでポケットティッシュを配っているのは日本以外の国では見られません。
ですがどうしてポケットティッシュが配られるようになったのでしょうか?
そもそもポケットティッシュを配ることでどんなメリットがあるのか

ポケットティッシュの裏側には広告が入っており、企業はこの広告によって宣伝効果を高めようとしています。
実際にポケットティッシュ裏の広告は意外と宣伝効果が高く、その力はネットの広告と同等とも言われているほどです。
以前は広告というとテレビCM以外にも新聞紙にチラシを入れたり雑誌などに掲載することが多かったのですが、どうしてもお金が掛かってしまいます。
もちろん、これらの方法でも宣伝効果はあるため、現在でも利用されていますが宣伝にお金を掛けられないところはこのような宣伝は難しいのです。
しかし、広告入りのポケットティッシュは1個で3~8円、1万個作っても3万~8万円程度しかかからないことになります。

v-board

さらに、ポケットティッシュは普通のチラシとは異なり、役立つというメリットがあります。
もしもらったとしてポケットティッシュは様々な場面で使うことができますが、チラシは不要な場合ゴミとして処分されてしまう可能性が高くなってしまうのです。
またポケットティッシュを手渡しすることにより、確実に企業が狙っているターゲットを絞って宣伝をすることが可能です。
例えば、脱毛サロンの広告を出す場合、あまり興味が無さそうな人に渡してもポケットティッシュを受け取ってもらえたとしても収益にはつながりにくくなってしまいます。

しかし、脱毛サロンに通いそうな20代~40代女性というようにターゲットを絞り込むことで宣伝効果を高めることができるというわけです。新聞紙のチラシではこのようにターゲットを絞り込むことはできません。直接手渡しをしてターゲットを絞りつつ、すぐに捨てられずに済むことが宣伝効果の向上につながっていると言えます。
最近ではポケットティッシュ以外のものを配ることも

現在もポケットティッシュが主流となっていますが、ポケットティッシュに限らず宣伝効果を高めようと様々なものを配っていることがあります。
例えば夏になるとカバンにも入りやすい小さめのうちわを配っていたり、企業などの宣伝が書かれているクリアファイルを配るなど、様々な宣伝を生み出しています。
企業側としても客である私達としても有益なポケットティッシュ。
ぜひ街で配られているものを見たら手にとってみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*