ブラック企業とホワイト企業の特徴と見分け方!

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

ブラック企業大賞2016のノミネート企業が発表されましたね!このブラック企業大賞は、2012年には東京電力、2013年にはワタミが受賞しており、有名ブラック企業の登竜門となっています(笑)

今年、候補に挙がっているのは「株式会社電通」「株式会社ドン・キホーテ」「株式会社プリントパック」「佐川急便株式会社」「日本郵便株式会社」「関西電力株式会社」「サトレストランシステムズ株式会社」「宗教法人・仁和寺」「ディスグランデ介護株式会社」「株式会社エイジス」の10社です。特に電通は、高橋まつりさんが長時間労働の末に自殺したことがニュースになりましたね。

洗脳やパワハラ、長時労働で精神的に追い詰め、人の命までも奪うブラック企業…そんなブラック企業が実在するのが現実。騙されて入社しない為にも、自分で見極める必要があります!そこで、ブラック企業の特徴と見分け方をご紹介しちゃいます!

 

ブラック企業の特徴と見分け方

 

1.人の入れ替わりが激しい
一番わかりやすいブラック企業の指標ですね。「社員がすぐに辞めてしまう会社 = 労働条件・環境に耐えられない」ということを意味しています。辞める際は体の良い退社理由をいうかもしれませんが、実際この不景気の時代、良い会社なら誰だって辞めたくないものです。常に人手不足で、求人募集をしている会社は気を付けましょう。

 

2.自称アットホームな職場!
ブラック企業は「社員同士仲の良いアットホームな職場です♪」とアピールする傾向が強いのです。求人サイトにこの謳い文句が掲載されていたら、気を付けましょう。

 

3.求人の募集条件のハードルが低い!
「学歴不問」「未経験者歓迎」などの記載があり、募集条件のハードルが低い会社は気を付けましょう。また、「実力主義」と書かれてる場合、社内で正式に評価基準が決まっておらず、正当な評価を受けることはできない可能性があります。

 
4.残業代支給でも、みなし残業には気を付けろ!
みなし残業とは、その名の通り或る程度の残業を見込んで、予め金額が決まっている残業代です。そもそも、時間で賃金を決めることが難しい場合のみ適用できる制度で、在宅勤務や研究者、直行直帰の営業の職種にのみ適用されるものです。しかし、そのような職種ではないのにみなし残業を悪用している会社は、長時間安い賃金で働かせる為だといっても過言ではありません。また、基本給にみなし残業が含まれる場合は、完全にブラック企業と言っても良いでしょう。

v-board

 

ホワイト企業の特徴と見分け方

ブラック企業の多くは、自分の会社はブラック企業ではないと思っています。つまりブラック企業が改善されることは稀。ならば最初からホワイトな企業に就職するしかありません!ホワイト企業の見極め方をご紹介します!

 

1.福利厚生が充実している
「住宅手当」「特別休暇」「出産手当」「育児休暇」等の福利厚生があるかどうかチェックしてみてください。それあるかどうかで、ホワイトかどうか分かりますよね。また「退職金」があるかどうかも要チェックポイントです。辞めていく人間にお金を支払うというのは、そもそも長い間働いたお礼としてのもの。そいういった礼儀がない会社というのは、すぐに社員が辞めてしまうか、社員を捨て駒としか思っていないのでしょう。

2.社員の離職率が低い&勤続年数が長い
これはブラック企業の見分け方にも共通していますが、人が辞めるということはそれなりの理由があります。

3.不正がなく、お金に細かい
不正を行う人間というのは、自分のためならば、罪悪感もなく悪いことします。他人に対しての思いやりが欠如しています。そういった人間が経営する会社は、従業員を大切にできるでしょうか?できませんよね。ホワイト企業ならば、不正は起こりえないのです。また、お金に対しても細かいいのが、ホワイト企業の特徴です。5分の残業でも残業代を支払ったり、タイムカードの管理が行き届いているはずです。

4.女性が長く働ける環境が整っている
先程の福利厚生のお話にも通ずる部分がありますが、女性はどうしても出産があるので、育児休暇や産休等の福利厚生が整った企業でないと長く働くことができません。つまり、女性が長く働ける会社というのは、福利厚生が整っている & 家事をしながらでも働ける環境 = ホワイト企業であるという訳です。

ブラック企業とホワイト企業の見分け方は以上です!ホワイト企業とは「人を大切にする企業」で、ブラック企業は「人を大切にしていない企業」というのが、よくお分かりいただけたと思います。どちらの企業で働きたいかは明白ですよね。就職活動に役立ててください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*