ブルーライトの悪影響と危険性

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

ブルーライトとは、波長が380~500㎚の青色光のことです。波長が380~500㎚と言われてもピンときませんが、下の図の通り“紫外線に近く、強いエネルギーを持つ光”がブルーライトなのです。

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%a8%e3%81%af-%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e7%a0%94%e7%a9%b6%e4%bc%9a%e3%82%88%e3%82%8a

 

ブルーライトは、太陽光やLED照明、テレビ・パソコン・スマートフォン等の液晶画面の光にも含まれています。近年になって、LEDライトやスマートフォンが普及したことで、その危険性が問題視され、現在研究が進められています。

 

眼精疲労

先程も書いたとおり、ブルーライトは紫外線の次にエネルギーが強いため、直接的に眼球にダメージを与えます。長時間ブルーライトを含む光を見続けると目の疲れや痛み、ドライアイ等の症状がでます。

 

加齢黄斑変性

%e5%8a%a0%e9%bd%a2%e9%bb%84%e6%96%91%e5%a4%89%e6%80%a7

ブルーライトは目の角膜や水晶体を通過し、網膜・黄斑部まで到達してダメージを与えます。そもそも「加齢黄斑変性」は加齢に伴って生じる老廃物によるダメージが蓄積した結果発症するものですが、ブルーライトの影響で若くても「加齢黄斑変性」になる可能性があると危惧されています。

v-board

「加齢黄斑変性」になると、見ようとするところが見えにくくなります。最悪の場合は失明する可能性もある、大変恐ろしい病気です。

 

生活リズムの乱れ

そもそも太陽光にも含まれる「ブルーライ」トは、メラトニンという眠気を誘うホルモンが分泌されにくくするといった働きがあります。太陽の光を浴びると目が覚めるのは、ブルーライトがメラトニンを減少させていたからなんですね。そのブルーライトをパソコンやスマートフォンから、夜中でも浴び続けてしまうと体内時計が狂ってしまいます。

詳しくは以前「昼夜逆転は危険?!遺伝子に組み込れた生活リズム」で紹介していますが、生活リズムが乱れると、不眠症・うつ病・肥満・慢性疲労・頭痛・感情をコントロールできない・免疫力の低下・記憶力の低下etc…身体に様々な悪影響を及ぼします。

 

ブルーライト対策

%e3%81%bb%e3%81%86%e3%82%8c%e3%82%93%e8%8d%89

ブルーライトを削減するために様々なグッズが販売されています。ブルーライトカットメガネ・ブルーライトカットアプリ・ブルーライトカットフィルムetc…です。これらの商品を活用するのも一つの手です。

また、ホウレン草やケールといったルティンが豊富に含まれる食材、レバーやブロッコリーといったゼアキサンチンが含まれる食材を食べる事で、ブルーライトのダメージを緩和してくれるそうです。

まずは、寝る前にはスマートフォンやパソコンを見ないように心がけましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*