お茶の違い、あなたは分かりますか?

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

 

お茶の違い、あなたは分かりますか?

身近にあるお茶には様々な種類があります。
例えば日本茶だけでも煎茶や番茶、玉露、玄米茶など、様々なお茶が見られるのです。
そんなお茶の違いについて、今回ご紹介したいと思います。

■お茶は同じ葉から作られる

v-board

多くのお茶は同じ葉から作られていることをご存知でしょうか?
同じ葉であっても味や香りはまるで違うのですが、その秘密はお茶を作る工程に隠されています。
お茶の葉は摘み終わってからそれぞれの工程に入るのですが、煎茶の場合すぐに蒸しに入ります。
これにより葉が発酵しなくなるため、新鮮でスッキリとした味わいとなるのです。
また、次の工程で手揉みを行なうことにより、葉の香りや味わい、甘みなどを出すことができます。
続いて紅茶の場合、まず葉を摘んだら煎茶のように蒸さずに発酵をさせます。
葉の発酵は酸化発酵というものなのですが、酸化発酵を行なうことによってお茶の葉に含まれているポリフェノールが酸化していき、香りを引き出します。
ポリフェノール自体は水溶性であるため、香りはしにくいのですが、酸化発酵をするとポリフェノールからポリキノンという成分になり、そのポリキノンから香りの元となる高い揮発性を持つ物質を作り出すのです。
紅茶はこの酸化発酵を行ってから一旦揉み込みを行い、さらに発酵を掛けていきます。
あとは乾燥させれば紅茶の完成です。
烏龍茶の場合、紅茶と同じように発酵させてから火にかけて炒っていきます。
炒ることによって香ばしさなどが増すのです。
続いて揉み込みを行い、乾燥させることで烏龍茶は出来上がります。
このように、工程に発酵が入っているか入っていないか、そして発酵にかける時間が長いか短いかによって同じ葉でも全く違う飲み物となります。
■煎茶にもある様々な種類

煎茶というと緑茶を思い浮かべる方も多いかと思いますが、煎茶は日本茶の中の広い定義でいうとその中には様々な種類があります。例えば玉露や番茶、茎茶、ほうじ茶、玄米茶などがあります。
これらも栽培の方法や工程を少し変えることで違ったお茶にすることができるのです。
玉露はお茶を摘む前に葉にシートなどを被せて光を遮ることで渋みの元となるカテキンの量を減らします。茎茶はその名の通り、葉ではなく茎を使ったお茶です。
ほうじ茶は煎茶などを作る工程に烏龍茶のように炒ることによって香ばしさを引き出したものになります。このように、栽培や工程での一工夫によって、1種類のお茶の葉から様々なお茶を作り出しているのです。ぜひお茶をそれぞれ飲み比べて、その違いを知ってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*