扇風機で夏を快適に過ごすコツ

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

近年、日本の真夏の気温は上昇傾向にあります。

そんな時に便利なのがエアコンですが、エアコンが効き過ぎると冷えから身体の不調を訴える人も増えてきているのです。

さらにエアコンは電気代もかなりかかってしまう事から、夏は扇風機で過ごす方も増加傾向にあります。扇風機といえば、後ろについているファンから空気を取り入れて羽根を回すと涼しい風が流れるという仕組みになっています。ですが、最新の扇風機には羽根なしタイプや折り畳み式など形状から性能まで進歩した扇風機も多数登場しているのです。
では、扇風機を選ぶポイントとは何なのでしょうか。
扇風機選びのポイントをまとめてご紹介します。

扇風機

・首の高さ調節機能
価格が安い扇風機の中には、首が伸びないタイプが存在します。
そのようなタイプは机の上に置いて使用する際には良いですが、広い部屋など様々な用途に使用する際には土台を作り高さを調節が必要だったりと手間がかかるので不向きです。
その点から、高さを自由に調節できる扇風機は使い勝手が良いと言えるのです。

・タイマー機能の有無
夏は夜間でも暑いので就寝時に扇風機を付けている方も多いでしょう。
しかし、いくら扇風機だからといっても1日中付けていては体調を崩してしまいますし、エアコンと同じぐらいの電気量がかかってしまうかもしれません。
ですから、タイマー機能はとても便利なのです。
最近の製品では、タイマーをセットすると決まった時間にスイッチが入る機能が搭載している扇風機も出ています。
日差しが差し込み暑い朝も指定した時間帯に扇風機が起動すれば快適な朝になりでしょう。

v-board

・音と風量
最新の製品であれば以前より音は格段に静かな造りとなっていますが、音の聞こえ方は人それぞれです。
ですから、出来る限り扇風機の音を自分の耳で確認してから選んだ方が購入した後に失敗するリスクをグッと下げる事ができます。

また、風量も製品によって強弱はそれぞれです。
風量が強力なものを買ってしまい、強すぎるせいか距離を取って使用しないといけない失敗ケースも少なくありません。
そのような失敗がないためにも、どのぐらいの風量が必要なのか確認して選ぶと良いでしょう。
扇風機選びのコツをご紹介しましたが、より効率よく扇風機を使う方法をご紹介します。

 

扇風機と使う際は置き場もポイントになります。
外の気温が室内よりも低い場合は開けた窓の前に扇風機に置いて、外の風を送り込むようにするとより室内が涼しくなります。
他にも扇風機の前に氷を入れた容器を置くと、ひんやりとした風が流れるのでおすすめです。

そして、暖かい空気は上に上がる性質があるので、室内の温度を下げるためにも天井付近の喚起をこまめに行うと涼しい室内を維持しやすくなります。

また扇風機の羽根はほこりが溜まりやすいので定期的に掃除をするする事も、扇風機で快適に過ごすために必要です。扇風機はここから探せます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*