【マムシの善三】佐々木善三とは?

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

第三者の目として舛添氏から選ばれたのに舛添氏を全面養護し記者に対して逆ギレした佐々木善三氏とは?

ぽぽな2

佐々木善三の簡単な経歴を紹介します。
1976年 司法試験合格
1979年 東京地検検事就任
2002年 法務省大臣官房施設課長就任
2004~2011年 東京・和歌山・水戸・仙台・京都にて検事正就任
2012年 検事退官
2013年 弁護士登録 晴海協和法律事務所入所
検事正とは地方検察庁の長を意味し検事正とは階級ではなく職名です。

いわゆるヤメ検なんですね。
そんな華麗な経歴をもつ佐々木氏ですが検事時代は東京地検特捜部で政界の汚職や大型経済事件を捜査し狙った案件の捜査が執拗だったため【マムシの善三】とまで呼ばれていたそうです。

そんな佐々木弁護士の今回の発言をまとめると
・美術書や美術品の購入について
「知識を政治活動にいかすために不適切でも違法でもない
・書籍・ミステリー小説・漫画について
適切であったとはいいがたい。もちろん違法ではありません
・似顔絵まんじゅうについて
「政治的付き合いのため不適切でも違法でもない
全力で舛添氏を擁護していますね。
挙句の果てには逆切れ。
それに対して同じ晴海協和法律事務所の森本哲也氏は「不適切と言わざるを得ない」とはっきり言っていましたね。
これには好感が持てました。

v-board

でも、おかしくないですか?
二人とも同じ事務所の弁護士なのです。

つまりは舛添氏から金を貰っているので全面的に断罪するのは不可能。
そこで佐々木氏が舛添氏を擁護し、一方で森本氏は舛添氏を厳しく批判する。
森本氏が厳しく批判したことにより都民の不満は解消される。
都民の不満を解消したうえで結論は「違法ではない」といえば角が立たない。
なんとも馬鹿にした会見ですね。

ちなみに元検事で衆院議員の若狭勝氏曰く「この『不適切な』などの用語は、こうした調査報告では、特に言葉を選ばなければならない場合や、ときに苦し紛れの場合にたびたび表現として使われる。男女間の関係ならまだしも政治資金の不正使途が疑われる件の調査においては『不適切』という表現は使うべきではない」という苦言を呈したそうです。

おかしいですね?
佐々木氏は「不適切ではない」
森本氏は「不適切と言わざるを得ない」
2人とも『不適切』という言葉を何度も使っていましたね。
これは、もう都民を馬鹿にしているとしか言えないですよね。
舛添氏もここまでしておいて辞任とはwww

晴海協和法律事務所と舛添氏の茶番は無駄でしたねwww
まさに馬鹿殿とその家臣のようです^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*