iQOS(アイコス)は歯茎に悪い?!【副作用】

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

iQOSとは?

iQOS(アイコス)とは、フィリップモリス社が販売する、火を使わない加熱式タバコです。

火を使わないので煙がなく、副流煙の心配もありません。また、フィリップモリス社の発表では、紙巻タバコの煙に含まれる量に比べ、有害物質は9割近く削減されるとのことで、愛煙家の間で大ブーム!

アイコスを使用する人は「アイコサー」と呼ばれるようになり、iQOSの限定デザイン等も発表され、高値で取引されています。

メリットだらけのiQOSは入手困難となる程の大人気。しかし、最近になってiQOSを使用するようになってから、歯茎が痛むという噂が出てきました。この噂について、徹底検証していきます!

 

iQOSの副作用?

iqos%e3%81%ae%e5%89%af%e4%bd%9c%e7%94%a8

冒頭でもお話ししたように iQOS(アイコス)は、タバコに含まれるニコチン以外の有害物質の総称「タール」を9割以上削減できるという点が、人気のポイントの一つです。

v-board

タバコを吸うと口内の粘膜がタール(有害物質)を吸収し、歯垢(プラーク)や歯石がつきやすくなり、歯周病のリスクを高めます。さらに、ニコチンには血管を収縮させる働きがあるので、喫煙者のほとんどは歯周病予備軍なんです。

タールを削減しているiQOSは歯茎にも優しいとなるわけですが、実はタールには「抗ウイルス作用」があります。このタールの抗ウイルス作用によって、喫煙者は歯周病であっても、歯周病の症状が現れにくいのです。

つまり、iQOSにしてから歯茎が痛くなったという噂は、歯周病の症状が表面化しただけなのです。

 

歯茎が痛い!iQOSの副作用?なんてお考えの方、iQOSの副作用でも何でもありません。歯茎の痛みは、iQOS(アイコス)が有害物質のタールを削減してくれている証拠と言っても良いでしょう。iQOSにしてから歯茎が痛む方は歯周病の可能性が大です。早急に歯医者で歯周病の治療をしましょう。

しかしながら、iQOSの販売サイトにも「喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり、心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます。」と掲載されているように、iQOSであっても身体に悪いことは間違いありません。吸うならiQOSが良いのかもしれませんが、できれば禁煙を心がけましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*