添加物だらけ!コンビニ弁当やファストフードの恐ろしさ

公開日時 登録者 zSnFJqe4MYg8MERコメントを残す。

食品添加物とは?

食品添加物とは「甘味料」「発色剤」「漂白剤」「保存料」「酸化防止剤」「香料」「着色料」等のことを指します。厚生労働省いよると”食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるもの”とのこと。

現在、加工食品で食品添加物を使用していないものはないでしょう。食品添加物は便利な食生活には不可欠であり、食品衛生法によって厳しい使用基準が定められており、安全性は確保されています。

 

食品添加物の危険性

しかし、その食品添加物を大量に摂取すると、アレルギー症状を発症したり、発ガン性物質に変化したり、染色体異常、遺伝子損傷、脳神経への悪影響etc…さまざまな危険性が確認されています。

自炊する場合でも、加工食品には食品添加物が使用されています。現在、食品添加物を避けることは難しいのですが、ソーセージや缶詰、カット野菜などの加工食品はなるべく避けるようにしましょう。

一番避けてほしいのが、コンビニやファストフード店では食品添加物漬けの食品です。コンビニで販売されている食品は、科学の力で腐らせないよう工夫された添加物弁当・添加物おにぎり、変色しないよう漂白剤漬けにされた添加物サラダ であるというのは、有名な話ですよね。

しかし、これはコンビニに限ったことではありません。スーパーで売っているお弁当やサラダも注意してください。味付けは濃いめ・高カロリー・家庭にはない食品添加物が入っている可能性があります。一概には言えませんが、コンビニ弁当と同じくらい腐らないお弁当が売られている店もあるようです。

v-board

ある養豚業者がエサ代を節約の為に、コンビニのお弁当やおにぎりを母豚に毎日3㎏ずつ与えていたところ、奇形や死産が相次いだ、ということがありました。これを聞いていただければ、コンビニ弁当の危険性がお分かりいただけると思います。

毎日コンビニ弁当を食べているという方、「原因不明の頭痛」「手足のしびれ」「倦怠感」「目覚めの悪さ」「体臭」を感じたことはありませんか?身に覚えのある人は、すぐに自炊をするようにしましょう。

それでも、自分の健康より自炊のめんどくささが上回るという方、せめてコンビニの中でも、ローソン、ファミマでお弁当を購入するのは控えましょう。『PBを知れば企業がわかる 本邦初! 安心度ランキング』によると、安全性の高いランキングで「ローソン」「ファミリーマート」が同率で最下位との結果が発表されています。

%e6%b7%bb%e5%8a%a0%e7%89%a9_%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%93%e3%83%8b

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*